セミバロックパールのひとりごと・・・

セミバロックパールが誕生石です。気まぐれに、自分の好きな事、好きな物、好きな人の事を中心に書いていけたらいいな・・・と思います。
セミバロックパールのひとりごと・・・ TOP  >  映画 >  君さえいれば 金枝玉葉

君さえいれば 金枝玉葉

学生の頃(ずっと、ずっと昔です)ジャッキー・チェンが好きでよく映画を観に行ってました。
でも、就職、結婚と毎日忙しく過ごしているうちにすっかりジャッキーも香港映画も忘れてました。
映画といえばテレビでCMが流れる話題作しか観る機会もなくなってました。

そんなある日の夕方、TV番組で映画解説の浜村淳氏(懐かしい!
関西を離れて以来なかなかお目にかかれませんがお元気でしょうか?)が
お薦めビデオ(DVDではありませんよ) として紹介していらしたのがこの作品です。

e0052736_1341513.jpg 君さえいれば 金枝玉葉

人気歌手ローズ(カリーナ・ラウ)の大ファンのウィン(アニタ・ユン)はローズの恋人で音楽プロデューサーの
サム(レスリー・チャン)が「普通の男の子」をスターにするという企画の為のオーディションに「ローズに会える
かも」という軽い気持ちで男と偽って参加し合格してしまいます。そこからこの3人の三角関係に発展するわけ
ですが、ウィンは「理想のカップル」と崇拝していたローズの恋人サムに惹かれている事に戸惑い、ローズは
仕事も恋愛も順調に見えるけどサムの気持ちがつかみきれず不安もあったり、サムは「男」を好きになり
「自分はゲイ」なのかと悩みます。でも決して重い映画ではなく、軽く楽しめる面白い作品です。
「男は愛せない」と言いつつ、すがるローズに別れを告げるサム・・・このシーンのレスリー最高に好きです。

レスリーの歌うテーマ曲「追」が素敵です。
この映画は版権の問題か何かでDVDは絶版で、なかなか見られないのが残念です。いい映画なのに・・・。

今、レスリーが生きていたらどんな素敵な50歳代の俳優さんになってたかな?
相変わらず美しく、素敵な作品に出ていらした事でしょう・・・残念です。
今でも私の中のレスリーは若く美しく素敵なままですけどね。
img078.jpg

この映画は私を香港映画の世界に再び引き戻してくれた記念すべき映画です。
ここから香港、台湾とイケメン大好き生活が始まるのです・・・。
[ 2010年11月20日 02:03 ] カテゴリ:映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぱーる

Author:ぱーる
愛知県在住
ミーハーでマニアック?
マイペースなB型
関西人のおばちゃんです

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム