セミバロックパールのひとりごと・・・

セミバロックパールが誕生石です。気まぐれに、自分の好きな事、好きな物、好きな人の事を中心に書いていけたらいいな・・・と思います。

交ぜ書き

<おか子> <じ石> いきなりこれを見せられて 「えっ?おかこ?なにコレ?」 って私は思いました。

<お菓子> <磁石> です。

以前 夕方のニュースでやっていた <交ぜ書き> について・・・。

報道機関では常用漢字でないものは使えないそうです。そういえば、新聞やニュースで

<ら致> や <破たん> のように書かれているものをよく目にします。でも 使用頻度がふえてくると

漢字で書くようになることも事もあるそうですが・・・。

今回のニュースで驚いたのは 『 自分の名前も、習っていない漢字は書いてはいけない 』 という

指導をしている小学校があるそうです。都道府県により違うようですが、ビックリしました。

その理由としては <習ってないから書き順とか間違った覚え方をしてはいけないから> だそうです。

それと、最近増えている <キラキラネーム> と呼ばれる 当て字の名前も関係しているそうです。

この当て字の名前には 先生方も苦労しておられるようですねぇ~

<希星> <来桜> <天響> <心愛>  やっぱ、確かに 読めねぇ~ 

<きらら> <らら> <てぃな> <ここあ> と読むそうです(笑) 本当に読めねぇ~ 

救急隊の人も このキラキラネームには困ってる・・・とこれまたニュースでやってました。

たしかに読めないから 緊急を要する現場では大変かも!?

まぁ、読めないくらいの当て字だから <交ぜ書き> の指導をするのも理解できなくはないけど、

自分の名前くらい漢字で書かせてもいいのでは? ってちょっと思います。

先生も児童ひとりひとりの名前の漢字を いちいち何年生で習う漢字・・・って全部調べるって事?

それも、大変だぁ~。それなら、1人1人の名前の漢字のお手本でも渡して、正しい書き方を教えて

漢字で名前を書かせる方が楽なんじゃない?

それに、書けるのに書いてはいけない・・・ってどうよ!?


例えば 『 徳山秀典 』君は

1年生~3年生までは とく山ひでのり
4年生で       とく山ひで典
5年生で       徳山ひで典
6年生でも      徳山ひで典   と名前を書くわけです。

<秀> という字は 中学校で習う漢字なので 卒業するまで <秀> を漢字で書くことは出来ないんです。


漢字にはそれぞれ意味があって、親が子どもの名前をつける時、その漢字の意味も考えて

つけたりするし、それを習ってないから書いてはいけない! って学校が指導するのも何だかなぁ~ 


我が家もそうなると・・・長男は小学校を卒業するまで 苗字はひらがな 名前は漢字。

次男に至っては、小学校を卒業するまで苗字も名前もひらがなです  

当て字でもないし、流行りの名前でもない、昔からある 男の子のふつうの名前です・・・(笑)

でも、次男は小学校の時 名前を漢字で書いていたので愛知県はこういう<交ぜ書き>の指導を

してないのかもしれないですね。

でも、名前を漢字で書けるようになるって、子供にとってはちょっと大人になったような気持ちになって

誇らしかったりするんじゃないかな・・・? 読めなければ <ふりがな> をふればいいだけの話だし、

習ってないから、正しく書けない・・・だから自分の名前なのに漢字を使っちゃダメ! ってやっぱり

おかしくない? と私は思います。

あくまで、私個人の意見ですけどね・・・。



[ 2013年11月09日 00:00 ] カテゴリ:ただの日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱーる

Author:ぱーる
愛知県在住
ミーハーでマニアック?
マイペースなB型
関西人のおばちゃんです

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム