セミバロックパールのひとりごと・・・

セミバロックパールが誕生石です。気まぐれに、自分の好きな事、好きな物、好きな人の事を中心に書いていけたらいいな・・・と思います。
セミバロックパールのひとりごと・・・ TOP  >  新井良太選手 >  ニュースウォッチ9  『勝負の瞬間(とき)』 新井良太編 

ニュースウォッチ9  『勝負の瞬間(とき)』 新井良太編 

NHK 『 ニュースウォッチ9 』 のスポーツコーナーの 『勝負の瞬間(とき)』という特集で

新井良太選手が取り上げられました。それまでも 各球団の選手が取り上げられてたようですが、

最終回のこの日は良太クンでした。

NHKの阪神担当記者が見た 『 勝負の瞬間(とき) 』 だそうです。 


nw91.jpg

    スポーツコーナーのオープニング・・・

nw92.jpg

< 担当記者が見た 「 勝負の瞬間(とき)」最終回の今夜は 阪神の新井良太選手です。>

nw93.jpg

< 兄・貴浩選手のいるチームに移籍して 今年が2年目です。シーズン途中から兄も座った4番に

   起用されるようになりました。飛躍を象徴する一振りにあるアドバイスが生きていました。>


nw94.jpg

『 もう後がなかったので・・・っていう意味で今年は臨みましたけど シーズンに・・・ 』

確かに・・・ね。それにしても何故にビジユニ!? ファン感の日に撮ったのかな(笑)

nw95.jpg

『 まぁ 大きな勝負と言えば ・・・やっぱあそこですかね・・・ハイ! 』

nw96.jpg nw97.jpg

<同点の11回 シーズン後半から4番を任された 新井良太選手です。>

nw98.jpg

<プロ初のサヨナラホームラン  4番にふさわしいバッティングができた瞬間でした。>

nw99.jpg nw910.jpg

< その1か月前1点を追う終盤 チャンスに打席が回って来ます。防御率1点台の今村猛投手。

   まだヒットを打ったことのない相手です。>


nw911.jpg nw912.jpg

『 腕の振りが 後ろがコンパクトで 尚かつ 球が速い いいピッチャーですね。 』

 < 狙い球を絞りきれず凡退 苦い経験でした。 >

nw913.jpg

『 真っ直ぐに差されちゃだめだっていう・・・最悪な感じでした。

  真っ直ぐも変化球もって思ってしまうと差されるし タイミングも遅くなってしまうので

  変化球がきたら仕方ないくらいの腹のくくり方っていうんですかね・・・ 』


nw914.jpg

  < 狙い球を絞ることの大切さを学んだ新井選手 >

nw915.jpg

 <打率は3割近くをキープ 4番らしいバッティングも徐々に見えてきました。>

nw916.jpg

 <  9月・・・ >

nw917.jpg

 良太クンの バッターボックスでの ルーティン・・・

nw918.jpg

< マウンドは今村投手。その後もヒットを打てていません。>

nw919.jpg

 < 狙い球をストレートに絞った新井選手 >

nw920.jpg

< 腕の振りが早い 今村投手を攻略したいこの場面である選手からアドバイスが・・・ >

nw921.jpg

< 今シーズン限りで現役を退いた金本知憲選手。新井選手の高校の先輩です。 >

nw923.jpg

『 始動遅いですか?って聞いたんです、僕が・・・そしたら「 始動は遅くない 」と。

ただちょっと「トップに入るのが遅い」ということを言われて・・・』


nw924.jpg

『 だからもう、ここにパッと決めて待とう・・・っていうくらいの感じで入りましたね、打席に・・・』

    身振り手振りで説明する良太クン!!

nw925.jpg

     < 初球 狙い球のストレート・・・ > 

nw926.jpg

<「素早く構えろ」という金本選手のアドバイスを生かしました・・・>

nw928.jpg

< 巻き返しがかかる来シーズン。確かな自信を胸に再び「4番」に挑みます。 >

nw929.jpg

『 金本さんのアドバイスをいただいてすぐに出来たっていうのも 

  日頃の積み重ねがあったからこそのものだと思ってますし、

 どれだけ準備できるか、そして準備したかっていう・・・そういうのが自信になって

 試合に臨めるっていうのを 今年本当によく感じたので 思い切ってやって

 後先考えず 行けるところまで突っ走りたいと思います。』


nw930.jpg


ちなみに 大越キャスターは 東大野球部出身で日本代表に東大から初めて選ばれた選手だそうです。

以前、元・広島の小早川さんが解説で出られたときに 学生時代のオールジャパンのユニホームを着た

若かりし頃のお二人の写真を拝見しました。


大越キャスター「なるほどねぇ~。 お兄さんは何か弟さんに言ってるんですか?」

沢田石アナ  「まだ弟は 本当の4番とは言えない。本当の4番と言うのはチャンスに打って当然、

        打たなければファンから厳しい声をも浴びせられると、まだ今シーズンはファンも

        温かく見守ってられる。 来シーズンが本当の勝負だろう・・・と言ってましたね。」

大越キャスター「お兄さんは肩を痛めてね・・・。しかしご自分もクリーンナップの主軸を競う間柄ですから

         弟への厳しい愛情と 自分とのライバル心・・・両方が感じられた言葉でしたね。」

沢田石アナ  「来シーズンの4番争いが楽しみですね・・・」

< いやいや 来年 良太は4番どころか、スタメン落ちの可能性も・・・

と、つい突っ込んでしまいました  でも、そん事はわからない!!

新外国人が大活躍しないかもしれないし、メジャー帰りで「顔 まん丸やん!太った?」って私が

感じた西岡選手も大活躍するかどうかもわかない・・・新井お兄ちゃんが完全復活を果たすとも

限らない・・・。だから良太にだってチャンスはあるはず・・・。絶対にチャンスはある!!

って、チキンな私は思うけど きっと良太クンはそんな事思ってないよね。


たとえどんな状況でも 相手がどうこうじゃなく自分自身がやることをキッチリやればいいって・・・。

今年も、真面目に努力して試合に出て 結果出して 最後には<4番>を任されてたわけだから 

自信も確信も持てたと思うし・・・。

でも、やっぱり一番見たいのは 良太クンの笑顔・・・!! 嬉しい時は思いっきり喜べばいい!!

ガッツポーズしたっていいじゃん!!気持ちを正直に表現する良太クン 私は大好き!!

でも 怪我だけはしないように、来シーズンも1年間 1軍で活躍できるように・・・


負けるな良太! 頑張れ新井良太!
[ 2012年12月24日 10:15 ] カテゴリ:新井良太選手 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぱーる

Author:ぱーる
愛知県在住
ミーハーでマニアック?
マイペースなB型
関西人のおばちゃんです

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム